マレーシア教育移住はなぜ人気なのか?


ここ2,3年人気急上昇のマレーシア教育移住
今日は教育移住についてスポットをあてたいと思います。

何故今マレーシア教育移住が人気なのか?
昔から語学留学の定番先として
アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア、イギリス、カナダ
が注目されてきました。
日本の学校では体験できない英語で学ぶという教育スタイル
教育移住では英語を習得したいというのも目的の一つですが
日本とは全く違った価値観や勉強の仕方に魅力を感じる人が増えてきたのも
ここ数年ブームになりつつある教育移住の真実です。

ひと昔前は一部のお金持ちだけが実現できた教育移住ですが
ここ数年の教育移住ブームの舞台はマレーシア
なぜ今マレーシアがこんなにも人気なのでしょうか?
それはマレーシアの物価の安さが教育移住をより現実的に考えられるようになったから
一般家庭でも教育移住を実現できる手の届く範囲に教育移住があるからです。

9年連続海外移住したい国NO.1のマレーシア
不動産、食べ物、医療費、生活費全てにおいて日本より安く
ネット上では日本の1/3で生活費で年金で生活ができるということから
リタイア後の人生をマレーシアで過ごそうという日本人が増え
退職後の60代世代の方達からはじまりました。

そこから徐々に教育移住をしたい30代40代の若い世代のファミリー達にも
マレーシア教育移住の火がつきはじめ今では
アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア、イギリス、カナダと比べて
マレーシアは1/3の予算で教育移住ができる!
ということでここ数年でマレーシアが教育移住先として急上昇した理由です。

マレーシアは国の言語はマレー語ですが
インターナショナルスクールへ通えば使用言語はもちろん英語。
英語を習得したいと思う日本人が日本でインターナショナルスクールへ通った場合
年間200万超えというありえないほど高い教育費ですが、
マレーシアなら普通のサラリーマン家庭の予算でも可能となる訳です。
日本では実現できない英語教育をマレーシアでなら叶えられる
そんな理由から全く英語の話せない日本人の親子が沢山移住してきています。

では、本当に全く英語の話せない子供がインターナショナルスクールへ通えるのか?
長くなりましたのでまた次回
その真実についてお話ししたいと思います。


にほんブログ村

にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック